今年もキャッシュ払いの方は3%オフ!是非ご利用下さい!

目袋とり(脂肪除去手術)

年を取ると目の下にブクッと袋のようにゆるんだ脂肪がたまるのが、いわゆる「目ぶくろ」です。
老けた印象どころか、すさんだ感じも与えます。夜明かりの下にいると遠めにも老けて見えます。
こうした目ぶくろを取るには、まず袋の中の脂肪を減らします。 たるみが出ないよう目の下の切開たるみ取りなどと同時に手術するのが普通です。

fukuro01

このような方に最適

  • 目ぶくろをスッキリ解消したい人

症例写真

  • fukuro_b

    Before

  • fukuro_a

    After

特徴

【目袋の原因】

目の下のくまやたるみ、目袋(めぶくろ)と呼ばれる膨らみは加齢ととも目立ってきます。

体質によっては若くても目立ちます。その原因は眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる目の下の脂肪の袋がゆるんではみ出すこと、見た目から目袋とも言われています。

太ったせい?いえいえ全く違います。例えば痩せている人でも、歳をとるとお腹がポッコリ出てくる場合が多いのですね。これは内蔵を包んでいる筋肉や袋がゆるんで中から押し出してくるからなのです。脂肪がついて腹が出たのではないのです。

目袋の原理も同じで下まぶたの脂肪を納めている袋がゆるんで脂肪がはみ出て皮膚を押し出してくるわけです。

 

【施術方法】

目袋取りは、下まぶたのふくらみの原因となる脂肪のはみ出しをまぶたの裏側から減らすことです。これにより、ふくらみ、くま、たるみを改善します。

一般的には経結膜で脂肪を減らす方法と経皮で脂肪を減らす方法の二種があります。

皮膚を傷つけることなく簡単に改善でき、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施術です。経結膜法と経皮法以外にメスを使わない方法もあります。たるみの状況によっては同時に目の下たるみ取りをしたほうが良いでしょう。

経結膜法は傷が全く見えない方法です。他にメスを使わない方法もあります。

詳しくは、お問合せください。

 

【併用キャンペーン】

目の下たるみ取りに併用する場合割安料金になります

+19万円が → +12万円 

(プチ切開の場合は+6万円の超割安料金で併用できます)

最新・独占再生医療「DGF療法」とコンビネーションで決まり
名古屋美容外科ではご自身の血液からダイレクトにGF(成長因子)を抽出する『DGFテクニック』で皮膚の細胞活性化を行っています。
上記施術と同時に注入することで若返り効果を増強させることができます。名古屋美容外科ではほとんどの方がDGFコンビネーションテクニックでアンチエージングしています。
>>詳しくはこちら
お問い合わせはこちら メールの方はこちら
一覧へ戻る
  • しわでお悩みの方へ
  • たるみでお悩みの方へ
  • よくある質問
  • 治療の流れ
お問い合わせはこちら
キャンペーン情報
お客様の声
名古屋美容外科の治療の特徴
  • 治療の流れ
  • よくある相談
  • クリニック紹介
  • 院長紹介
  • 院長の学会活動
美しくいたい人を応援
平田院長の出版物紹介
名古屋美容外科

〒450-0003名古屋市中村区名駅南1-19-27オルバースビル7階

お問い合わせ

MAP

プライバシーポリシー